biboudouのブログ

書籍・音源備忘録 最終的にはそれぞれに索引・クレジットまで作成予定

2013-10-07から1日間の記事一覧

2002年 橋本治『ひらがな日本美術史4』 新潮社

シリーズ4巻目。 今回は俵屋宗達に始まり、錦絵の創始者・鈴木春信まで。 桂離宮訪問記も。

2002年 橋本治インタビュー 『考える人 2002年秋号』

『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞受賞。そのインタビュー。「「始まり」のための「鎮魂」」と題されている。 この受賞がのちの『小林秀雄の恵み』執筆につながる。

2002年 橋本治インタビュー 『小説現代 2002年月不詳』

乱歩賞作家・首藤瓜於による橋本治ロングインタビュー。 テーマは橋本治とはなにものか。「私は20世紀と相性が悪かった」と題されている。歌右衛門について、文章表現について、小説について、など濃い内容。

2002年 橋本治他『鶴見俊輔対談集 未来におきたいものは』 晶文社

橋本治は「いま、私たちの立っている場所」と題し対談している。『広告批評 2002年1月号』に掲載されたもの。 ほかには大江健三郎、富岡多恵子、多田道太郎、横尾忠則、加藤典洋+赤坂憲雄などとの対談掲載。

2002年 橋本治『双調 平家物語9』 中央公論新社

未読

2002年 橋本治『ああでもなくこうでもなく3 「日本が変わってゆく」の論』 マドラ出版

広告批評連載第三弾。今回は2001年2月号~2002年4月号まで。 過ぎ去った20世紀を送り出すための書。 今回はおまけと称して、書下ろし数篇と他雑誌記載文数篇も編みこまれている。

2002年 橋本治『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』 新潮社

雑誌『新潮』に三回にわたって書かれた三島論を加筆して単行本化。 三島最後の作品『豊饒の海』論を中心に、作品から三島由紀夫そのものを読み解く。

2001年 橋本治『橋本治が大辞林を使う』 三省堂

三省堂から発行されている辞書『大辞林』の良さについてを、橋本治の具体的な使用方法から論じている。