読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

biboudouのブログ

書籍・音源備忘録 最終的にはそれぞれに索引・クレジットまで作成予定

橋本治他

1993年 おおくぼひさこ・橋本治『写真集 窯変源氏』 中央公論社

『窯変 源氏物語』に挿し込まれていた写真を集めて編集したもの。 橋本治が文を添えている。

1992年 橋本治他『岸田秀対談集 さらにまた幻想を語る』 青土社

橋本治は大学幻想について、自我について対談。 そのほか、山藤章二、江藤淳、筑紫哲也、伊丹十三、白石加代子などが対談している。 なお、橋本治との対談は『パンセⅤ 友たちよ!』に収録されている。

1991年 橋本治他『田中優子対話集 連』 河出書房新社

田中優子との1990年に行われた公開対談が収録されている。タイトルは「江戸の近代-想像力的経験主義の世界-」。 橋本治のほか、渡辺保、野口武彦、山本七平、荒俣宏+高山宏、村上陽一郎などとの対談が掲載。

1991年 橋本治・中野翠『ふたりの平成』 主婦の友社

1989年(平成元年)~1990年に行われた二人の対談をまとめたもの。 1995年の文庫化に際して追加対談も行われている。

1991年 橋本治他『パンタ対談集-PANTA RHEI 万物流転-』

頭脳警察のパンタ対談集。 トップバッターが橋本治。他に鈴木慶一、トシ(石塚俊明)、深沢七郎、スティング、イギー・ポップと対談している。

1990年 橋本治他『絵本徒然草』 河出書房新社

絵描きの田中靖夫と組んで作った「徒然草」の翻訳絵本。

1990年 橋本治『橋本治雑文集成 パンセⅤ 友たちよ!』 河出書房新社

対談篇。 ほぼ単行本未収録のものが掲載されている。 対談相手は、おおくぼひさこ、パンタ、加納幸和、松島トモ子、草笛光子、岸田秀、小林信彦、松本隆・・・などなど。

1990年 橋本治他『消えた言葉』 アルク

未読 橋本治担当部分はのちに『冬暁-小論集-』に掲載された。

1985年 橋本治他『合言葉は勇気』 筑摩書房

柳沢健、松島トモ子、島森路子、中沢新一、山岸凉子+飯田耕一郎、 との対談集とインタビュー一本、勇気についての雑文一本。

1984年 橋本治×有吉佐和子 潮11月号

二人の対談「人生、見せ場づくり」 有吉佐和子最後の対談。 「有吉さんに死なれたおかげでひとつ仕事をしそこなった話」-対談後記にかえて-という橋本治の文も一緒に掲載されている。

1984年 橋本治他 『覆刻版 恋するももんが』 フジテレビ出版

橋本治が胸やけ新聞社として作った、活字一切無し全編手書きによるガリ版同人雑誌 『恋するももんが』一号、二号の覆刻版。元の一号は500部刷って、手持ち営業した書店にて流通。二号は未流通なので、この覆刻版にて初お目見え。 橋本治はここで、連載大河評…

1984年 橋本治他『五人十色』 フィクション・インク

金井美恵子、橋本治、村上春樹、村上龍、山川健一へのインタビュー集。