読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

biboudouのブログ

書籍・音源備忘録 最終的にはそれぞれに索引・クレジットまで作成予定

橋本治小説

1985年 橋本治『無花果少年と瓜売小僧』 講談社

磯村薫と木川田源一を主人公とするシリーズ第四弾。 三人称になっている。

1984年 橋本治『帰って来た桃尻娘』 講談社

大学に入学した榊原玲奈の物語。全編榊原による一人称。

1984年 橋本治『S&G グレイテスト・ヒッツ+1』 大和書房

LP『サイモン&ガーファンクル グレイテストヒッツ』の曲のタイトルそのまま使って作った短編集。S&Gの曲とは別にそれぞれBGMも設定されている。 1978年~1980年に『野生時代』に掲載されたものを大幅に加筆したのが7割で残りは書下ろし。 カバー写真はお…

1983年 橋本治『ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかの殺人事件』 徳間書店

各章有名な推理小説の引用で始まり、主人公田原高太郎(=橋本治)が書いたとされる推理小説仕立てのメタ・フィクション。挿画・装画も田原高太郎名義。

1983年 橋本治『その後の仁義なき桃尻娘』 講談社

その後の 榊原玲奈 滝上圭介 醒井凉子 木川田源一 磯村薫 を描いている。 初出は1982年5,6,9月、1983年1月号の『小説現代』と書下ろし2編 装丁はさべあのま

1981年 橋本治『暗野 BLACK FIELD』 北宋社

長編SF おそらくまだ久生十蘭の影響を拭い去れていなかった頃の作品。 「”銀座のド真ン中にゴジラを出してみせる”ってつもりで書いた、”ブッ壊してやる”という破壊重点主義の小説」

1978年 橋本治『桃尻娘』 講談社

桃尻娘 一年C組 三十四番 榊原玲奈 無花果少年 いちぢく・ボーイ 二年A組 二番 磯村薫 菴摩羅HOUSE まんごおハウス 二年A組 三十八番 榊原玲奈 瓜売小僧 ウリウリぼうや 二年A組 十一番 木川田源一 温州蜜柑姫 おみかんひめ 三年A組 三十八番 榊原玲奈 …