読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

biboudouのブログ

書籍・音源備忘録 最終的にはそれぞれに索引・クレジットまで作成予定

1982年11月 橋本治 『文藝春秋増刊 1982年11月号』

東大2年のときに描いた 「東大版 博徒列伝」が掲載されている。

1980年11月 橋本治 『小説新潮 1980年11月号』

「名もなく貧しく美しい筈なのに」 と題したエッセイ掲載。

1980年8月 橋本治他 『週刊サンケイ 1980.8』

ベビーブーム世代の感覚的座談会「オレたちの幸せな老後」 と題した、早川タケジ、山口小夜子との対談掲載。

1980年6月 橋本治 『現代 1980年6月号』

「笑-ショウ-」において、 「英語ぬきの英国旅行」と題した短文を寄せている。

2001年 橋本治他 『I feel  2001年夏号』

特集:21世紀の「本」のかたち、「知」のかたち において、 船曳建夫との対談掲載

1998年 橋本治 『新刊展望 1998年?号』

『双調 平家物語』 第一巻発売記念のインタビュー掲載

1995年 橋本治 『ダヴィンチ 1995年?号』

インタビュー掲載 取材・分/千葉望

1991年5月 橋本治 『プレイボーイ 1991.5』

ロングインタビュー掲載

1991年3月 橋本治他 『月刊しにか 1991.3』

特集:漢文とは何だろう において、 竹田晃(大学教授)、黒沢弘光(高校教師) と座談会

1986年12月 橋本治 『月刊アドバタイジング 1986.12』

特集:現代ビジュアルコミュニケーション考 「橋本治のビジゅあル光みゅニ景ショん論・論」 をほぼ肉筆で執筆。

1984年4月 橋本治 『月刊アドバタイジング 1984.4』

特集:億人億色時代!!大衆化から少衆化へ 文化について 「カルチャーセンターは言葉を持ち始めた大衆の夢の島だ。」

1984年 橋本治 『ホットドッグプレス 1984年?号』

HUMAN HOT INTERVIEW 「若い奴は、もうダメ。 だって、プレッシャーがまったくないもの。 だから、ますます 僕らの時代になっていくよ。」

1979年 橋本治他 『バラエティ 1979年?号』

中島梓のサインくれなきゃ帰らない! において、「語ってよいか 歌謡曲を!」と題し、 中島梓、近田春夫、鏡明 と対談。

2016年7月 橋本治 『新潮45 2016年8月号』

特集:死ぬための生き方 において、「体を使いきって死ぬ」 と題し、主に自らのおばあちゃんの話を執筆。

2016年 橋本治 『週刊プレイボーイ 2016年 7/18号』

参院選企画:18歳、19歳 新有権者へのメッセージ において 「知的ひきこもりと基盤の崩れた社会」「選挙はボランティア。候補者は「顔」で選ぶ」 「『こいつは絶対にいやだ』という悪意を込めて、”NOという一票”を投票しに行こう。当然、その一票が死に票に…

2016年 橋本治『福沢諭吉の『学問のすすめ』』 幻冬舎

下記を加筆修正、『学問のすすめ』の初編もあわせて収録。 biboudou.hatenablog.com 福沢諭吉の『学問のすゝめ』 作者: 橋本治 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/06/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る

1983年 橋本治 『Light 創刊号』

軽量版読書マガジン「Light」創刊号にて ロングインタビュー掲載

2016年6月 橋本治『国家を考えてみよう』 筑摩書房

橋本治久々のちくまプリマー新書 本書の土台は、電子書籍で発売された下記だと思われるが、 大幅に加筆・修正されている。 biboudou.hatenablog.com 国家を考えてみよう (ちくまプリマー新書) 作者: 橋本治 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/06/07 メ…

1994年2月 橋本治 『演劇ぶっく 1994年2月号』

橋本治脚本・宮本亜門演出の『月食』公開を記念した ロングインタビュー掲載。

2008年10月 橋本治他 『「サド侯爵夫人」プログラム』

「サド侯爵夫人」上演プログラムにて 篠井英介、鈴木勝秀と「三島由紀夫の「言葉」と「罠」」と題し鼎談

1986年 橋本治 『朝日ジャーナル 1986.12.12』

「男の方がホントはズーッと女々しいんだ」 という文を寄せている。

2016年6月 橋本治 『すばる 7月号』

追悼 蜷川幸雄 に、『最後の「演出家」』という文を寄せている。

2016年4月 橋本治 『4月国立文楽劇場公演プログラム』

4月の公演『妹背山婦女庭訓』のプログラム巻頭に、 「久我之助と大判事」と題した文を寄稿している。

2016年4月 橋本治『百人一首がよくわかる』 講談社

2009年発売の『新装版 桃尻語訳 百人一首』 2003年 橋本治『桃尻語訳 百人一首』 海竜社 - biboudouのブログ を底本とした一冊。 百人一首がよくわかる 作者: 橋本治 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/04/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品…

2016年2月 橋本治 『SAPIO 2016.2』

特集:2016年大提言 これが日本の底力だ において、「性表現」について語っている。

2011年4月 橋本治 『悲劇喜劇 2011.4』

特集:三島由紀夫 巻頭エッセイ「三島由紀夫と藝術」寄稿

2016年2月 橋本治 『婦人公論 2016.3.8』

特集:どこで差がつく?機嫌のいい人、不機嫌な人 にて、<悩み知らずの作家が明かす9の心得> 「借金を抱えた難病持ちだけど、あさってより先は考えない」掲載。 9の心得とは・・・ 1.自分を状況に慣らす 2.人のせいにする 3.時代に合わせて体質改善 4.病気…

2015年 橋本治 『pontoon』

「福沢諭吉の『学問のすすめ』」連載 2015.3 第一回 2015.4 第二回 学問とはなんだ 2015.5 第三回 虚学と実学 2015.6 第四回 福沢諭吉がまず言いたかったこと (一)全十七編の”ブログ本”で重要なのはどこか (二)すべての肝はやっぱり「初編」 (三)輸入…

2008年2月 橋本治 『週刊ポスト』

『小林秀雄の恵み』発売記念インタビュー掲載

2006年12月 橋本治他 『asta 2006.12』

歌舞伎絵巻刊行記念トークセッション 橋本治×岡田嘉夫 「日本の美 芝居の心 知っているようで知らない歌舞伎の名作」 掲載。

2001年3月 橋本治 『週刊文春 2001.3.29』

特集:超法規的日本再生計画 にて、「まずオレの借金二億円棒引きしてよ」 掲載。

2000年1月 橋本治 『Executive 2001.01』

千年紀抄 平成諸子百家「わたしの21世紀宣言」 掲載。

1998年10月 橋本治他 『青春と読書 1998.10』

『女賊』発売記念 橋本治と岡田嘉夫の「絵描きと作家が丁丁発止と・・・」 と題した対談掲載。

1996年9月 橋本治 『波 1996.9』

シリーズ『新潮日本美術文庫』第一回配本に合わせ、 橋本治と丹尾安典の「絵はがき大の美術館」と題した 対談掲載。

1980年7月 橋本治 『ブルータス 創刊号』

ET TU BRUTES ? という特集コラムにて、 「フィリップ・マーロウがだめなら藤原定家がいるさ」 を寄稿。

2016年2月 橋本治 『週刊プレイボーイ インタビュー』

「若い男が老いていく一方で、女は野獣化している」橋本治が紐解く日本人の性 - "本"人襲撃 - 連載コラム|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

2016年 橋本治 『芸術新潮』

「もう少し浄瑠璃を読もう」連載完結 2016.1 第二十一回 不条理が顔を出す『伊賀越道中双六』上 2016.2 第二十二回 不条理が顔を出す『伊賀越道中双六』中 2016.3 第二十二回 不条理が顔を出す『伊賀越道中双六』 下

2016年2月 橋本治 『群像 2016.3』

特集:アンソロジー「30年後の世界-作家の想像力-」 において、「九十八歳になる私」を寄稿。

2013年~ 橋本治 『幻冬舎plus 連載中?』

「かけこみ人生相談」において 回答者の一人として参加 <かけこみ人生相談> - 幻冬舎plus

2015年12月 橋本治 「幻冬舎plus」

特集「言っておきたい!!2016 時代の動かし方」 において「なにが起こってもうろたえない」 という文を寄せている。 www.gentosha.jp

2016年1月 橋本治 『本 2016年1月号』

刊行された『絵本 御伽草子』について書いています。 gendai.ismedia.jp

2015年 橋本治 『小説トリッパー』

新連載評論 『知性の顛覆』 夏号 第一回 ヤンキー的なもの 一 「自分はヤンキーなのかもしれない」という衝撃 二 「自分」を消す必要 三 不良は自己主張をする 四 みんな自己主張をしたいんだな 秋号 第二回 大学を考える 一 「大学解体」が言われた昔 二 そ…

2015年 橋本治 『芸術新潮』 

「もう少し浄瑠璃を読もう」連載中 2015.1 第九回「浪花のヤンキーの『夏祭浪花鑑』上」 2015.2 第十回「浪花のヤンキーの『夏祭浪花鑑』中」 2015.3 第十一回「浪花のヤンキーの『夏祭浪花鑑』下」 2015.4 第十二回「『双蝶々曲輪日記』のヒューマンドラム …

2015年 橋本治 『ちくま』

巻頭随筆「遠い地平、低い視点」連載中 2015.1 7.「明けない夜」 2015.2 8.「「バカ」という抑止力」 2015.3 9.「それは「表現の自由」なんだろうか?」 2015.4 10「秩序と国家」 2015.5 11「「世界は一つ」でいいのかしら?」 2015.6 12「二つの「自由」」 …

2015年12月12日 橋本治他 『友吉鶴心 花 一 看 第13章『やまとごころ』別会』   

月夜の森14|薩摩琵琶|友吉鶴心 上記イベントに、橋本治がトークゲストで参加。 演奏前40分ほど古典芸能を軸に「やまとごころ」について 縦横無尽に話す。 友吉鶴心 演目 「雪晴れ」

2015年12月 橋本治他『はまぐりの草紙』 講談社

下記を単行本化。 「[現代版]絵本 御伽草子」の1冊。 biboudou.hatenablog.com 単行本化に当たり、原典も掲載されている。 [現代版]絵本 御伽草子 はまぐりの草紙 (「現代版」絵本御伽草子) 作者: 橋本治,樋上公実子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/1…

2015年11月 橋本治『性のタブーのない日本』 集英社

biboudou.hatenablog.com 上記を新書化。 性のタブーのない日本 (集英社新書) 作者: 橋本治 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/11/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る

2013年11月 橋本治 『myb 2013年冬号』

特集:終わらない戦後 橋本治は「「戦後」は「戦後」のまま立ち消えになって行く」 と題して短文を寄せている。

2004年11月 橋本治 『myb 創刊準備号』

特集:50代からドラマは始まる 橋本治は「50歳になることを知った時」と題した短文を寄せている。 その他の寄稿者は、呉智英、山田太一、南伸坊、別役実など

2015年10月 橋本治『いつまでも若いと思うなよ』 新潮社

2014年 橋本治 『新潮45』 - biboudouのブログ 上記を加筆・修正し、終章「ちょっとだけ『死』を考える」を書き下ろしたもの。 いつまでも若いと思うなよ (新潮新書) 作者: 橋本治 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/10/16 メディア: 新書 この商品を含…