biboudouのブログ

書籍・音源備忘録 最終的にはそれぞれに索引・クレジットまで作成予定

1984年 橋本治『とうに涅槃をすぎて』 徳間書店

雑誌掲載の雑文中心の一冊だが、なんとなく統一感がある。

章立てが飛び降り自殺の順序になっている。

解説は島森路子