読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

biboudouのブログ

書籍・音源備忘録 最終的にはそれぞれに索引・クレジットまで作成予定

2001年 橋本治他『怪しの世界』 紀伊國屋書店

橋本治古典

2000年8月25日、26日国立劇場小劇場で上演された「新しい伝統芸能-怪しの世界」の単行本。

この公演の製作担当は、当時国立劇場勤務・現大学准教授の矢内賢治。

橋本治夢枕獏いとうせいこうがぞれぞれ薩摩琵琶、講談、狂言の新作を書き、友吉鶴心、室井馬琴、野村萬斎が演じた。

橋本治は、新作「白鷺譚」のほかに、冒頭に「あるいは「風」について」という伝統芸能論を書いている。どちらものちに出版された橋本治の単行本『ひろい世界のかたすみで』にも収録されている。

夢枕獏は「ものいふ髑髏」、いとうせいこうは「鏡冠者」を書いている。

それぞれ作品のあとに作家と演者の対談を掲載。舞台写真や対談写真も豊富。

三人の作家のケシゴム版画はナンシー関