biboudouのブログ

書籍・音源備忘録 最終的にはそれぞれに索引・クレジットまで作成予定

2022年12月 橋本治『ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかの殺人事件』集英社(ホーム社)

以下の待望の復刊

 

 

 

解説:仲俣暁生

「十年の時を隔てた二つの「政治小説」」


装丁:川名潤