biboudouのブログ

書籍・音源備忘録 最終的にはそれぞれに索引・クレジットまで作成予定

2017年 橋本治 『読売新聞 連載小説「黄金夜界」』

9月30日より読売新聞朝刊より小説連載

タイトルは「黄金夜界」

尾崎紅葉金色夜叉」のリメイク。

9月20日の朝刊に作者の言葉掲載

f:id:biboudou:20170920192442j:plain

 下記紹介サイト 

12月末まで非会員も閲覧可能。

今後著者インタビューの予定もあり。

 

http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20170926-118-OYTPT50156/list_OUGONYAKAI

 

9/30~10/15(1~15)

 摩天楼

10/16~10/31(16~31)

 許嫁者

11/1~11/18(32~48)

富山唯継

11/19~(49~)

熱海の黄昏

 

2017年 橋本治 『ちくま』

引き続き「遠い地平、低い視点」連載中

2017.1 31 「自己承認欲求と平等地獄」

2017.2 32 「アクセルを左にしたらどうだろう」

2017.3 33 「強権政治の終わり」

2017.4 34 「時間は均一に進んでいないの?」

2017.5 35 「電波で荷物は運べない」

2017.6 36 「度を過ぎた量はこわい」

2017.7 37 「ガハハ vs やァね」

2017.8 38 「道徳教育は必要なのかもしれないなァ」

2017.9 39 「国会は裁判所ではないでしょ」

2017.10 40 「「危機意識」はないのか?!」

2017.11 41 「批評のポジション」

2017.12 42 「さまよえる男達」

 

2017年 橋本治 『小説トリッパー』

秋号より新連載

「指導者はもう来ない  父権制の顛覆」

第一回 世界はゆるやかに混乱して

 一 制度は崩壊しているのに

 二 2017年都議選の背景PART1-「東京」が変わる

 三 2017年都議選の背景PART2-「都市おやじ」の時代

 四 2017年都議選の背景PART3-おやじ達の衣替え

 五 2017年都議選の背景PART4-熟年の家庭内離婚

 六 「国民ファースト」ではなくて、なぜ「日本ファースト」?

  

1984年4月 橋本治インタビュー 『高二時代 1984.4』

「若者は自分たちで新しいスローガンを作るべきだよ」

という題のインタビュー掲載。

 

下記高二生へのメッセージ

「今は『個性』というよりも『自分性』の時代。・・・・・個性ってマニュアルができちゃってさ、こうやれば個性的なあなたになれますっていう没個性が氾濫しちゃったんだもん(笑)。・・・・・個性というものは、"自分性"というものを自分の中から見い出だしてこない限り生まれませんもン」

2017年10月 橋本治インタビュー 『AERA dot』

小説トリッパー連載「父権制の顛覆」のスピンオフインタビュー

短期集中連載

 

 第一回

第二回

第三回

dot.asahi.com

第四回

dot.asahi.com

2015年3月 橋本治インタビュー 江戸東京博物館

江戸東京博物館のリニューアルオープンの特設サイトにて、

高度経済成長期の東京についてのインタビュー記事

 

edohaku-special.net

2017年 橋本治 『文藝』

2017年夏号より短期集中連載「落語」シリーズ

『爺は悩み婆は嘆く 書替老耄ハムレット

口演=橋本治 速記=酒井捏造

2017年冬号 第三夜にて完結

2017年9月 橋本治『バカになったか、日本人』集英社

下記の文庫版

 

biboudou.hatenablog.com

 「文庫版のあとがき」が書き下ろされている。

 

バカになったか、日本人 (集英社文庫 は 12-8)

バカになったか、日本人 (集英社文庫 は 12-8)

 

 

2017年9月 橋本治『いとも優雅な意地悪の教本』 集英社

下記連載を加筆修正

 

biboudou.hatenablog.com

 加筆部分

第一講 三 意地悪教育をすればいいのに

第六講 三 「凡人の悲劇」という高級な悩み

あとがき 天才は意地が悪い

 

いとも優雅な意地悪の教本 (集英社新書)

いとも優雅な意地悪の教本 (集英社新書)

 

 

1998年2月 橋本治 『演劇界 1998.2』

特集:襲名

襲名と観客 「襲名はあったかい」

と題した小文掲載