biboudouのブログ

書籍・音源備忘録 最終的にはそれぞれに索引・クレジットまで作成予定

橋本治1990年代

1994年 橋本治『源氏供養 下巻』 中央公論社

未読

1994年 橋本治『貧乏は正しい!』 小学館

雑誌『ヤングサンデー』連載の「17歳のための超絶社会主義讀本 貧乏は正しい!」の単行本化第一弾。 第一巻の本書は「現在の自分」。 ソ連を中心とする社会主義体制崩壊からバブル経済終焉までを、日本の若者のオナニーとリンクさせて語る。

1993年 橋本治インタビュー 『VIEWS 1993.9.8』

VIEWS 図書館にて 『ぼくらのSEX』刊行インタビュー 「SEXに悩む年代の読者に向けた本。 大人に性教育をしてもムダですから」

1993年 橋本治他『瀬戸内寂聴対談 十人十色「源氏」はおもしろい』

『源氏物語』をめぐる瀬戸内寂聴の対談集その一。 橋本治とは初対面。この対談がきっかけで橋本治は『窯変 源氏物語』を思い立ったらしい。対談は1989年。 ほかには丸谷才一、俵万智、大庭みな子、五木寛之、三島由紀夫+竹西寛子などと対談。 1998年に文庫…

1993年 橋本治×早川タケジ 『CREA 1993.6』

対談 「うたを着てしまったスター」 早川タケジの作るジュリーの衣裳、ぜ~んぶ見せます 『カサブランカ・ダンディー』 『ダーリング』 『OH!ギャル』 『憎みきれないろくでなし』 『どん底』 『TOKIO』

1993年 橋本治『ぬえの名前』 岩波書店

雑誌『よむ』に1991年4月号~1993年5月号に連載された文章と、『芸術新潮』1991年8月号、『東方』1992年7月号、8月号に掲載された文章をそれぞれ大幅に加筆してまとめたもの。 『風雅の虎の巻』に近い印象。

1993年 橋本治『源氏供養 上巻』 中央公論社

『源氏物語』に関するエッセイ。 未読

1992年 橋本治『橋本治歌舞伎画文集-かぶきのよう分からん-』 演劇出版社

1978年~1981年、1984年に雑誌『演劇界』に掲載されていた役者絵と1988年~1990年あたりまで同誌に連載していた文章をまとめたもの。比較的長いインタビューも。

1993年 橋本治他『さよなら妖精 AUDREY HEPBURN Good-bye,Fairy』 KKベストセラーズ

オードリー・ヘプバーン追悼本 巻頭に「この世には愛よりも大切な”自由”がある。オードリーはそれを教えてくれたんだ。」と題し執筆。 一部引用: この世には愛よりも大切な”自由”っていうものがあってさ、それは非常に誇り高くってさ、普通の人間には分から…

1993年 橋本治『ぼくらのSEX』 集英社

雑誌『明星』特別編集。 中学生のためのSEXの教科書、全39章。

1993年2月 橋本治解説 寺山修司『新・書を捨てよ、町へ出よう』河出文庫

解説:この書を持ちて その町を捨てよ

1993年 橋本治『古事記 少年少女古典文学館1』 講談社

子供向けに書かれた『古事記』の翻訳。 のちにシリーズ・古典『橋本治の古事記』というタイトルで再編集して発行されている。

1993年 おおくぼひさこ・橋本治『写真集 窯変源氏』 中央公論社

『窯変 源氏物語』に挿し込まれていた写真を集めて編集したもの。 橋本治が文を添えている。

1993年 橋本治『窯変 源氏物語14』 中央公論社

完結 未読

1992年 橋本治×松任谷由実 『VIEWS 1992.11.25』

創刊1周年・特別対談 松任谷由実VS橋本治 「ニッポンのうた、ニッポンのことば」 ・松任谷由実という人は時代の音から入らない ・女の人は心象風景を、ポンと出しちゃう ・"輝かさせて"という日本語はあるのか? ・相手に対して誠実になろうという決意 ・ユ…

1992年 橋本治他 『サンデー毎日 1992.10.25』

聞き書き「わたしとこども」40 この母にして・・・ 文 石村博子 橋本治の母 橋本美代子さんインタビュー ・奇抜な格好が好きな、かなり変わった東大生 ・自由業でいる気持ちよくわかりますよ

1992年 橋本治『窯変 源氏物語8~13』 中央公論社

1992年 橋本治 『PLAYBOY 1992.3』

ビンボーへの応援演説 「今の給料の中できちっとやりながら、いつか自分の真価を認めさせてやる、 というふうに計算していかなくちゃ」

1992年 橋本治『思考論理学 考えるワシ』 マドラ出版

「広告批評」企画、夜中の学校シリーズの二作目。 ハゲを正当化する話、「わからない」という方法論など。

1992年 橋本治インタビュー 『エフ 1992.1』

「千年の時をへて源氏をよみがえらせた平成の「光源氏」の優しい眼」 主に『窯変源氏物語』について。

1992年 橋本治 『CREA 1992.1』

話題の人 100人大アンケート '91わたしの⚪と× に回答している。

1991年 橋本治『窯変 源氏物語1~7』 中央公論社

光源氏の一人称語りで『源氏物語』を書き替えたもの。 軽井沢にあった中央公論の寮で缶詰になって書き下ろしたもの。

1991年 橋本治 『芸術新潮 1991.8』

永久保存版 世界に応える日本文化の特質 「最大特質は「男がみっともないこと」」と題した文を寄稿

1991年 橋本治『ハイスクール八犬伝7<智彦変幻>』『ハイスクール八犬伝8<淫婦船虫>』 徳間書店

シリーズ7、8巻。 これ以降続巻は出ていない。

1991年 橋本治インタビュー 『SAPIO 1991.7.25』

「「我身安全」しか考えないナアナアファシズムが日本に蔓延している」 『ナインティーズ』刊行時のインタビュー "橋本日本史"の全況と方法論を探る8冊として下記が紹介されている。 『完本チャンバラ時代劇講座』 『窯変源氏物語』 『恋の花詞集』 『絵本徒…

1991年 橋本治『’90s ナインティーズ-時代の曲がり角で-』 小学館

『’89』の続編のようなもの。 『SAPIO』で連載していた「ノンシャラン巷談PartⅡ」をまとめたPartⅠと膨大なあとがきPartⅡ に分かれている。 インタビュー&プロデュース:刈部謙一

1991年 橋本治インタビュー 『GORO 1991.7.11』

「男の自主規制が終わった時代に現代最大のタブー"光源氏"が甦る」 『窯変源氏物語』1巻刊行時のインタビュー。

1991年 橋本治・中野翠『二人の平成』 主婦の友社

1989年(平成元年)~1990年に行われた二人の対談をまとめたもの。 1995年の文庫化に際して追加対談も行われている。

1991年 橋本治『橋本治掌篇小説集 流水桃花抄』 河出書房新社

1980年から1984年までに書かれた十七篇のショートショートと書下ろし一篇を加えたもの。 装丁:奥村靫正

1991年 橋本治 『SAPIO 1991.1.10』

「子供が『少年ジャンプ』、大人が『印象派』しか買わない奇妙な国の物語」 と題した91年の展望。